賃貸や不動産を効率的に運営する|初心者にはみんなで大家さん

人気の不動産ファンド

プール付きの一戸建て

みんなで大家さんは人気のある不動産ファンドで、定期的に説明会や個別相談会などを開催しています。初心者でも簡単に資産運用を始められるので、資料請求してみるのも良いでしょう。

ホテルの物件

明るいキッチン

AirBnBはホテルへ宿泊するサービスの幅を広げてくれることで人気です。旅の楽しみが増えるポイントは貸主とのコミュニケーションで、ごはんなどを一緒に楽しむことができます。

どう進めるか

不動産会社に連絡する

駐車場にも様々なタイプがあります。大人数収容することができるようにしたいのか、それともそのまま平面に駐車できるようにするのか、工事の費用などと見比べて計画的に開発を進めて下さい。

マンションの建築

見積もりを計算する

ずっと安定しているので安心して始めることが出来ます。みんなで大家さんを利用して確実に儲けることが出来ますよ。

日本は人口減少社会に突入します

個人や法人が所有する空き地の土地活用としてマンションを検討する人も多いと思います。マンションの場合には、アパートを建築する場合と異なり、その構造が鉄筋コンクリート造であることが多いため(アパートの場合は、木造か軽量鉄骨造であることがほとんどです)、金融機関からの長期間にわたる融資が受けやすいという特徴があります。 また、賃貸マンションはアパートと比較して賃料を高く設定しやすいことから、投資運用利回りも高めに設定できるというメリットもあります。 ただし、すでにご存じの方も多いと思いますが、日本はすでに超高齢化社会を迎えており、今後も人口は少しずつ減少していくことが予想されています。このような状況の中で土地活用としてマンションを建築する場合には注意しなければならないことがあります。

将来の人口動態や金利動向もきちんと調査しましょう

まず、土地活用としてマンションを建築しようとする場合において、「事前にマーケット調査は行ったのか」ということです。そもそも、賃貸需要が見込めない地域である場合には、どれだけ立派なマンションを建築しても、賃借人が入居しないということも考えられます。 入居者がいなければ、そもそも借入金の返済ができないため(他に現預金を潤沢にもっていれば別ですが)、何のための土地活用であったのか分からないということにもなりかねません。しがたって、事前に賃貸需要が十分に見込まれるのか入念にマーケットを調査することがとても大切です。 また、今だけでなく将来にわたって賃貸需要が見込まれるのかという人口動態についての調査や、将来の金利動向なども予想して、マンション建設に取り組むことも大切です。